北海道 水辺の生き物の不思議 - 送料無料 - サイン入り

川井唯史(稚内水産試験場調査研究部)+中村太士(北大大学院農学研究院教授)編

カワシンジュガイ、ヒブナ、水草など北海道の淡水域にすむ身近な生物の不思議な生態と、アライグマなどの外来種がおよぼす脅威を、現場をよく知る博物館学芸員や民間の自然環境調査員ら14人が一般読者向けに初めて解説した。

※送料無料です。

※品切れの場合には出版社より取り寄せとなりますので、発送までにお時間をいただく場合がございます。

※御希望の方には著者の川井さんから手紙かメールが届く無料のオプションが可能です。
御希望の方は、お申し込みの時の備考欄に、連絡先(住所かメールアドレス要記入)をご記入してください。

目次

はじめに 小さな自然の声を聴く

第1部 北海道の水辺の生き物たち
ニホンザリガニを救え!
◉飯村幸代(北海道栽培漁業振興公社)
◉川井唯史(稚内水産試験場調査研究部)
機.競螢ニの祖先は札幌生まれ?
供,匹鵑幣貊蠅好きなの?
フィールドノート【寝床はどこ?】

ゲンゴロウが減っている
◉堀 繁久(北海道開拓記念館)
機.殴鵐乾蹈Δ辰討匹鵑蔽遏
供)務て擦離殴鵐乾蹈
フィールドノート【ジョンバーで虫捕り?】

サンショウウオの不思議
◉池田幸資(パシフィックコンサルタンツ)
◉照井滋晴(NPO法人 環境把握ネットワーク・PEG)
機‘算沙劼離┘哨汽鵐轡腑ΕΕと世界のキタサンショウウオ
供‥慧┐呂世譟
フィールドノート【手が大事】【落とし穴で捕まえる】

カワシンジュガイを知っていますか?
◉折戸 聖(北開水工コンサルタント)
◉粟倉輝彦(元北海道立水産孵化場)
機\粁にすむ二枚貝
供”垰弋弔弊限
フィールドノート【「宿主」はだれ?】

謎の赤いフナ──ヒブナ
◉針生 勤(元釧路市立博物館)
機―婪慮个離侫覆呂覆疾屬ぁ
フィールドノート【突然変異はこうして解明された!】
供.スなしでふえる?

水草だって生きている
◉片桐浩司(独立行政法人 土木研究所)
◉山崎真実(札幌市博物館活動センター)
機,匹Δ笋辰得犬ている?
供)務て擦凌總
フィールドノート【4K+1K】【水草中毒】

第2部 希少な生き物たちをどう守るか
アライグマの脅威
◉阿部 豪(アライグマ研究グループ)
機々發づ応力
供_燭問題か?
フィールドノート【「あらいぐまラスカル」が伝えていたもの】

外来ザリガニの生命力
◉山田浩行(パシフィックコンサルタンツ)
◉野中俊文(建設技術研究所)
機‥┐鮹里
フィールドノート【青いウチダザリガニ】
供仝従と対策

私たちにできること
◉田中一典(北海道大学大学院)

おわりに 自然の力を取り戻すために

アイテム詳細

  • 単行本 : 208ページ
  • 出版社 : 北海道新聞社 (2013/4/25)
  • ISBN-10: 489453696X
  • ISBN-13: 978-4894536968
  • 発売日: 2013/4/23
  • 商品の寸法: 18.4 x 13 x 2 cm

発送方法

  • クロネコメール便

カテゴリー

S BOOKS (書籍)

アイテムNo.

book0005

Clip to Evernote この商品を友達に教える RSS
1,470円税込
購入数
筆者(川井)のサイン
筆者(川井)からの連絡

商品について問合わせる